おひさま日記だいたい日刊

管理人:ルーナです。高校1年生、ほのぼの書きたいと思います。生き物、お菓子、手芸、アニメ、マンガ、勉強など好きなことについてバラバラ書いていきます。わりと雑記ブログよりです。

カナダ留学体験記7 世界の漫画、アニメ事情

こんにちは、ルーナです。

また最後の更新からしばらくたってしまいました。。。

今日はちゃんと書きます。

 

 

今日は、世界に日本のアニメ、漫画が

いかに浸透しているか、していないかについて

思ったことを書きたいと思います。

 

 

先日まで、3週間世界のいろんな

中高生と話していたので、

もちろん、アニメ好きの端くれとして、

アニメや、漫画のことは聞きたいわけです。

 

でも、同じ日本人の子達には

「アニメとか漫画とかはよく見るけど、

オタクってほどでもないのよ。

題名は知ってるけど、みたことないよ〜

みたいなのがほとんど。

アルスラーン戦記に関してはオタクは認めるけど。」

みたいな感じでいこうと思ってました。

ていうか、最初はそんな感じでした。

 

ですが、

ある、缶バッジがいっぱいついているリュックサックを

持ってるメキシコの子がいたんですが、

その缶バッジの一つに

「I♡YAOI」って書いてあるのです。

見たときルーナは

「!?!?!?!?!?!?」

みたいになりました。

 

「いやいや、やおいって、やおいってやばくない?

日本人でもまだその用語ってあんまり聞いたことないし。

これは勉強不足だからなのは知ってるけど、

そもそもその用語を初めて聞いたのって

ちょっとまえのセンター試験

国語の問題が初めてだし。」

 

そんなことを思いながらも、

アニメの話で気が合いそうだったので、

美術館に行く途中に話しかけて見ることに、、、

 

「ねぇねぇ、アニメ好きなの?」

「そうそう!!大好き!」

「ほんと!?わたしも好きだよ〜〜!!」

 

みたいな感じですぐに打ち解け、

その道中、ずっと話してました。

 

彼女はかなりアニメ見てて、

詳しかったです。

共通で見てるアニメの歌を流しながら

ずっと話してたわけなんですが、

一番びっくりしたのが、

Angel Beats!!」が好きだったこと。

わたしの大好きなアニメの一つに入るこの作品、

わたしの一番仲良いオタクの友達は見ているんですが、

学校のそのほかのオタクはほとんど見てないのです。

本当にいい作品なのに、なぜネット上でしか有名ではないのか。。。

 

と思ってたんです

メキシコの子は、大好きでした。

ゆいにゃんと日向が大好きでした。

これは本当に驚きです。

スナップチャットという外国版LINE
見たいなチャットで繋がれたので、

日本で入手したアニメの画像いろいろ

送ってあげました。

 

で、この一連の会話を聞いていた

友達に「ルーナって割とオタクじゃんww」

って言われましたw

 

 

 

で、もう一人、アニメ好きの子がいました。

フランス人の男の子、Tくん。

 

初めて会った時はバドミントンやってた時で、

彼が本当にうまかったので、

彼一人対日本人四人みたいな感じで

やってました。

サーブの打ち方も教えてくれたり、

それなりに交流はあったのですが、

アニメが好きとは知りませんでした。

 

それからその夜のアクティビティで

カラオケというのがありました。

シャイな日本人にとっては

何もできないアクティビティな訳ですが、

一人、日本語の歌を歌うツワモノがいました。

進撃の巨人の「紅蓮の弓矢」と

東京グールの「unravel」。

席が遠かったので、誰かはよくわかりませんでしたが、

日本人ではないということはわかりました。

そして、日本語がめっちゃうまい!!!

本当にびっくりしました。

 

 

で、お気付きの方もいると思いますが、

この日本のアニソンが歌える彼が、

バドミントンがうまい彼だったのです。

 

それを知ってから、もう一人いた、

日本人のオタク友達と一緒に

Tくんに話しかけました。

で、しばらくはなして

彼は相当なガチ勢であることがわかりました。

アニメ、アニソンに関して。

 

ですが、ここで問題発生。

「フランス人の英語聞き取れねぇぇ!!」

本当に聞き取れなかったんです。

それでも、アニメという共通の趣味を通して

頑張ってコミュニケーションとったんですが。

多分Tくんも

「日本人の英語聞き取れねぇぇl!!!」

って思っていたことでしょう。

何回か聞き返されましたw

 

彼、ものすごくマニアックで、

よくよく聞いたら、

「OSU」っていうリズムゲーム

アニソンに出会い、

そこからアニメも好きになり

ハマったそうです。

ちょっとやってみたんですけど、

ものすごく難しかったです…

 

 

それから、Tくんとはしばらく

色々話して、かなり仲良くなり、

今でも三日に一回くらい

「この曲良かったよ〜」とか

チャットで話してます。

 

で、思ったのが

アニメ好きとして、日本人であることは

ものすごく幸せなことなんだなと。

メキシコの子も、Tくんも、

アニメはお金払ってストリーミングでしか

見ることはできないし、

漫画も翻訳されているものも多くなく、

読みたいものも読めなかったり、

グッズもなかなか手に入らなかったり、

それを思うと、日本人って恵まれているなと感じました。

 

これまでは、

「田舎だからイベントない!!グッズない!!」

とか思ってたけど、外国はもっとなくて

近所にアニメイトがあるだけでも

贅沢なことなんだなとしみじみ感じました。

 

 

そんな感じで、これからも

ジャパニーズなアニメライフを楽しんでいきたいと思います!!

(ハマりすぎず、ほどほどに…w)