おひさま日記だいたい日刊

管理人:ルーナです。高校1年生、ほのぼの書きたいと思います。生き物、お菓子、手芸、アニメ、マンガ、勉強など好きなことについてバラバラ書いていきます。わりと雑記ブログよりです。しばらく、カナダ滞在記です。語学留学行ってます。

アルスラーン戦記もうすぐ個人的な一周年!!!

どーも、ルーナです。

 

私は以前からちょこちょこ言ってるんですが、

アルスラーン戦記が大好きなのです。

 

ほんとうに好きなのです。

 

 

で、そのアルスラーン戦記に私はちょうど

一年前に出会ったのです。

 

今日は、ルーナがアルスラーン戦記に出会った経緯と

アルスラーン戦記の魅力について書きたいと思います。

長いんで、アル戦の魅力の方だけでも読んでください!!

 

 

 

 

アル戦を知った経緯

 

私は、中三の秋まで、アニメは

ほとんど見たことがありませんでした。

ワンピースとか、ドラゴンボールとか、ポケモンとか

休みの日の朝にやってるやつは見てたけど、

BSの夜などにやってるアニメはほんとに見たことがなかったのです。

 

まぁ、アル戦は日曜日の夕方なんですけどねw

 

テレビもあまり見てなかったこともあり、

アルスラーン戦記の一期が始まるとき、

私はその存在も知りませんでした。

たぶん友達からも一回ぐらいしか話を聞かず、

聞き流してました...

 

で、アル戦の二期が始まり、本屋のマンガコーナーに

アル戦の特集がやってるのをよく見たんです。

たぶん、当時はマンガは四巻くらいまでしか

でてなくて、

四巻しか出てないのに、もうアニメするって

相当人気なんだろうなと思ってました。

が、気になりつつも、読みませんでした。

 

ところが!!

兄の部屋にアルスラーン戦記

あるのを見つけたのです!

これは、ただで読めるじゃないか、

べつに面白くても面白くなくてもただじゃないか

とおもって、早速借りました。

 

それから、読んでみたんですけど、

ほんとうにおもしろかった!

ああいうかんじの世界観が私は大好きなのです。

魅力は後半で語りますね。

この借りた日が私の個人的なアル戦記念日で

七月二十四日なのです!もうすぐ一周年...!

なんか感慨深い...

 

で、運よく、夏休みに母が

auのビデオパスにお試しで入り

わりといろんなアニメが見れる環境が整ったのです。

そこに、アルスラーン戦記もありました!

もうこれは見るしかないと思って、

一週間くらいで、見ました。

本当に面白かった...!

がっつりハマってしまいました。

 

さっき、当時の日記を読んだんですけど、

ダリューンナルサスがかっこいい」とか

「エトワールかわいい」とかかいてて

面白かったですw

 

わりと早い段階でハマってたんですが、

さらにここから深くはまります。

エトワールです。

エトワールっていうキャラに

がっつりハマってしまったのです。

またまたこの子のこともあとで紹介しますね。

 

それから、私はずっとアルスラーン戦記にはまってます。

秋ごろからいろんなアニメを見始めたんですけど、

アルスラーン戦記は不動の一位です。

個人的には殿堂入りしてます。

そんな感じで、私はアルスラーン戦記にはまってます。

 

ながくなってしまいましたが、これからが

本題です!

 

アルスラーン戦記の魅力について!

 

アルスラーン戦記田中芳樹先生の小説で、

いま、アニメとかマンガとかでやってるのは

荒川拡先生が原作をもとに書いたものです。

ちなみに原作はまだ完結してません。

次巻で完結の予定です。

 

アル戦の大まかなストーリーは

主人公、アルスラーン王太子)が14歳の時の

初陣で、これまで不敗だったアルスラーンの父アンドラゴラス三世率いる

パルス軍が敵国ルシタニアに敗北。

アンドラゴラス三世とその妻、タハミーネはルシタニアにとらわれます。

命からがら助かったアルスラーンは、パルス国民を救うため、

一人の騎士、ダリューンと2人だけで、パルスを救う旅に出ます。

 

みたいな感じです。

これが二話三話の所です。

で、アニメの絵はこんな感じ↓↓↓イベントの時のですね。

 

 

で、アルスラーン戦記の魅力、三つに絞ります!!

 

1.キャラが濃い!!

2.ストーリーが面白い!!

3.主人公の成長がすごい!!!!

 

みたいな感じです

 

アルスラーン戦記ってキャラがほんとに多いんです。

しかも、名前が覚えにくい!

でも、そのキャラの一人ひとりがほんとに濃いんです!

そして、かっこいい...!

みなさんも、好きなキャラ、必ずいると思います!

私の二次元キャラで一番好きな子もアルスラーン戦記にいます...

 

あと、主人公アルスラーンの成長がものすごい!!

二話で出陣合図やるんですけど、初陣と言うこともあり

本当にたよりない...

でも、物語が進むにつれて、殿下(アルスラーン)自身、

また殿下を通して殿下の中達も成長していくんですね。

それで、一期の最後の戦いのときの出撃合図、

二話と比べると全然違います。

あれがこれまでのストーリーのすべてを

物語ってるような気がします。

 

また、殿下とその騎士ダリューンの絆が本当に美しい...

私はあの二人、大好きです。

でも、一番好きなのは、敵国ルシタニアの騎士見習いエトワールです。

このこ、ほんとにかわいいんです。

いつもは騎士の恰好をして、女だと言うことを

わからないようにしています。そして殿下も

最終回まで気づかないんですねぇ。

ツンデレ?なのかな。ルシタニアの国教、イアルダボート教

信者なんですが、始めは、

「異教徒どもは皆殺しだーーー!!!」

みたいなことを言ってるんですが、殿下と出会い

その考えにだんだん変化が生まれます。

ホントにかわいいです。

でも、あんまり出てきませんね...

この子、好きかも、、、と思ったら、

小説読みましょう!!!

泣けます...このアルスラーン戦記の小説で

初めて泣きました...

深夜の一時ごろに独りで読みながら泣いてました...

 

 

殿下は王太子っていうことになってるんですけど、

もう一人、自分が正統の王だっていう人が出てくるんですね。

このヒルメスって人なんですけど↓↓↓

 

で、殿下はどちらが王になるべきか迷うわけです。

しかも、殿下の出生にもいろいろあるらしく...

まだアニメでは、ぜんぶやってないんですが、

小説で全部読みました。

すごいです。あれは。

ドロッドロ......

王室って怖い...と思っちゃいました。

気になる方は是非読んでください!

 

 

で、原作が田中芳樹先生と言うことで

あれっと思った人もいるのではと思いますが、

この田中先生、「皆殺しの田中」と呼ばれる

ものすごいあだ名がついてるんです。

この先生の書いた本ではたくさん人が死ぬと言われてます。

 

人がたくさん死ぬのアニメが嫌いな方、安心して下さい。

アニメではあんまり死にません!

小説を読んでない状態でのイメージは

「敵キャラはたまに死ぬけど、メインキャラあんまり死なないよね~」

みたいな感じでした。

あんまり死にません。

 

で、人がたくさん死ぬ方が、シリアスな感じで面白いじゃん!

っていう人も安心して下さい。

小説を読みましょう。

小説は殿下が王都を奪還する話と、その後の話で二部に分かれるんですが、

二部はすごいです。

ビックリします。

特に、14巻、15巻!

ほんとにえっ........ってなります。

泣きじゃくれます。

 

 

 

 

 

こんな感じで、がなくなってしまいましたが、

私のアルスラーン戦記愛は伝わったでしょうか...

 

ほんとにみんなかっこよくて面白く、そして泣けるので、とりあえず、アニメ見てみてください!!

皆さんが少しでもアルスラーン戦記に興味を持っていただけると

嬉しいです。